落花生

家庭菜園

2・3年前、親戚からとれたて落花生が送られてきました。
千葉の落花生は、収穫してすぐに、落花生を茹でて食べるんだと初めて聞き、びっくりしたことがあります。
新潟の枝豆みたいですよね。
箱の中の落花生はちょっぴりかび臭くて、こんなの大丈夫かな?と思いつつ、茹でて食べてみたら、私達のピーナッツのイメージがガラリと変わった瞬間でした。
何より殻の中ぱんぱんにピーナッツが詰まっていて、食感もお味もイケル
これって、春までとっておけば、畑に蒔いていっぱい収穫できたら来年も楽しめるかも!と思いました。
これが、我が家の落花生を作り始めたきっかけです。

じつは、新潟県胎内市にも「地面にもぐっている豆」ということから『じもぐりまめ(ずもぐりまめ)』という落花生を作っているんですよ。
千葉県産の落花生とは、一回りも小さいサイズのお豆なのです。
小さいながらに味が、凝縮されておいしいと評判のようですが、落花生を炒るとき、小さくて中の豆まで焦がしてしまうので、初心者泣かせのピーナッツなのです。

親戚からの贈り物の落花生を大事に大事に育て、今年はたくさんの豆を収穫することができました。
10月上旬に畑から引き抜いて、乾燥したものです。
干した落花生

乾燥ピーナッツ

落花生

peanuts

2月の節分には、自家製落花生をat! inn 中条 村上屋旅館ご宿泊のお客様に召し上がっていただいております。
お楽しみに!

Posted by mika


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。